お尻を舐められて感じていた風俗嬢

投稿日:2017年5月10日

昔、父がデリヘルを利用して母に怒られたことがありました。僕はそれを見て、風俗で遊ぶのはよくない事なんだなと思い成長してきましたが、大人になった今なら父の気持ちがわかります。男に生まれてデリヘルを経験しないなんてもったいなさすぎるしありえないですね。お金を払うだけで可愛い女の子たちとエッチできるんですから、やらなきゃ損って感じだと思うんです。そのため、自分は今回初めてデリヘルを利用して初回限定割引クーポンを使いました。クーポンのおかげで半額で済みましたし、これで次回のための予算を残すことができました。実際に風俗嬢とエッチをしてみたんですが、彼女の体が美味しくて全身を舐めつくしました。バスルームに行ってお尻をきれいに洗ってから、彼女のお尻に何度も舌を入れましたし、かなり変態っぽく味わいました。彼女もかなり感じていたみたいで、俺の勃起したものを喜んでしゃぶっていたし、最後は尿道に残った精子まで吸って飲んでいましたよ。

潮を吹いてくれた風俗嬢が最高だった

近所の激安デリヘルが最近になってなくなってしまった。そのため、地元のデリヘルを探すと1店舗しかないため、風俗嬢と遊びたくなったら毎回同じ女性と遊ぶことになりそうだ。でも、一人の女性と遊ぶって言うのも意外と悪くはないと思うんだよな。風俗店を指南しているホームページでは、お気に入りの女性を一人作って徹底的に楽しんだほうがいいとも書いてあったし、人によって楽しみ方って違うと思うけどデリヘルもいろんな楽しみ方があっていいと思う。俺が今回指名した女性は過激なプレイが好きな女性らしいので、彼女に顔面騎乗をしてもらった。初めはショーツを穿いたままって言われたけど、それなら顔面騎乗の意味もないしすぐに脱いでもらった。そして、俺は家にあったローターを彼女のクリに当ててスイッチを入れたら、彼女が大きな悲鳴を上げて感じ始めて俺の顔に潮をかけたんだ。「ごめんなさい」と言われたけど、すごくいい想いができたと思うし、彼女とはしばらく楽しんでいきたい。